夢中になれる大好きなことを仕事にできれば、人生においてこれほど幸せなことはありません。ネイルの手入れはまさに女性の輝きの象徴であり、爪は唯一人間の身体が独自に持つ宝石とさえ言われています。きらびやかなネイルで生まれ変わったような満足感を得て、感謝されるのは施す側にとっても大変な喜びです。しかし、思いがいくら大きくても、いざそれをビジネスにしようと考えれば、ただ好きというだけで務まるわけではありません。センスだけではなく、人間の身体の構造や爪の成分を、基礎からしっかり勉強する必要があります。まるで学校で学ぶ授業のようで、退屈なイメージを抱く人も多いかもしれませんが、やはりネイルはただのファッションと異なり、他人の身体を扱う仕事となりますので、基本的なことは知っておかなければ、後々取り返しのつかないことにもなりかねません。そのため、趣味の枠を超えて何かしら始めようと思う人は、ネイルスクールに通うことをおすすめします。日本にはネイリスト協会が太鼓判を押すJNA認定校というネイルスクールが多数存在し、優秀なネイリストの育成を行っています。独立から就職口のサポートまでやってくれますので、将来を見据えるならネイルスクールへの入校がおすすめです。

それではいったい、具体的にネイルスクールではどんなことを学ぶことができるのでしょうか。プロフェッショナルなネイリストは華やかな仕事であるものの、人体を扱うという認識のもと、几帳面さと繊細さが必須となります。爪は歳とともにかかりやすくなる病気あり、皮膚病の影響なども顕著に受けてしまいます。納得のいくネイルを施したまでは良かったものの、後々使用した液が原因でかぶれや湿疹などが起きれば、賠償問題にまで発展するケースも考えられます。どんな仕事もそうですが、まずは安全第一を考え、爪の基礎を学ばなければなりません。
次はなんといってもアートです。ネイリストとして成功するためには唯一無二のセンスと、それをネイルの上で実現できる技術を持ちあわせていなければなりません。そのためには色彩学や、エアブラシの使い方、美術の基本も知っておかなければなりません。自分が施したネイルのセンスが悪くて笑われるのは、自分ではなく施した相手です。どちらの分野も疎かにしてはいけません。このようにネイルスクールでは、専門的な知識だけでなく、通常の学校のように広い範囲で学力を身に付けなければなりません。ただ好きなことだけがしたいという動機だけでは、予想と違う結果をもたらす恐れもあります。

大阪・神戸のネイルスクールをお探しの方は、サンミーゴ